ANA VISAプラチナ プレミアムカード

「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」は、日本を代表する航空会社のANA(全日本空輸)と三井住友カードとが提携して発行している、最上級ランクのクレジットカードです。

ANAカードとしての特典に加え、「三井住友VISAプラチナカード」の特典がセットになったこのカードは、プラチナランクのステータス性にふさわしい、最もANAのマイルが貯まるクレジットカードとしてのポテンシャルを秘めているんです。

ANA_VISA_platinum

ラウンジの対応状況について

「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」は、国内の主要28空港にある30ヶ所の空港ラウンジを無料で利用することができます。そしてさらに、国内16空港にあるANAの空港ラウンジもあわせて利用することが可能です。

同カードだけの特典として、同伴者の方も1名まで無料で利用することができますが、このサービスはカード会社ラウンジのみで、ANAのラウンジは対象外となるので注意しましょう。

プライオリティ・パスについて

「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」の会員は、世界100ヵ国600ヵ所以上の空港ラウンジを利用することができるプライオリティパスに、年会費無料で登録することができます。

国内の空港ラウンジと合わせると、もう世界中で利用できないラウンジは存在しないのでは?というほどの充実ぶりです。さすがは航空会社と提携した、プレミアムランクのクレジットカードですよね。

ポイント・マイルサービスについて

「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」で貯まるポイントは、カードご利用代金1,000円で1ポイントが貯まる「ワールドプレゼント」です。

そして特筆すべきなのは、ポイントからマイルへの還元率です。なんと1ポイントで15マイルという、高還元率を誇ります。もちろん移行手数料も無料です。

さらに、三井住友カードのリボ払いサービス「マイ・ペイすリボ」を利用すると、カードご利用代金1,000円につき3ポイントが貯まるので、合わせると1,000円で18マイルが貯まるということになります。

あと、カード入会時と1年の継続毎に10,000マイルが獲得できるほか、ANAグループ便に搭乗するたびに、通常のフライトマイルに加え、区間基本マイレージの+50パーセントのボーナスマイルがゲットできます。

まだあります。ANAカードマイルプラス提携店でANA航空券や機内販売などを同カードで支払うと、100円につき1マイルの自動積算が、100円につき2マイルの自動積算と、2倍のマイルが貯まります。

トラベル関係のサービスについて

「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」のトラベル関係のサービスとしては、海外パッケージ旅行などをVISAプラチナカード会員優待価格で購入できる「VISAプラチナトラベル」や、国内約1,000の旅館・ホテルやパッケージツアーなどが会員優待価格で購入できる「VISAプラチナクラブ」のサービスを受けることができます。

ほかにも、国際線のフライトを利用した場合に、自宅と空港間の往復をそれぞれ、VISAプラチナカード会員優待価格で配送してくれる「VISAプラチナ空港宅配」といったサービスもあります。

その他のサービスについて

「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」では、国内外の多数のレストランで割引優待をはじめ、食前酒やデザートの提供、コース料理のアップグレードといった、さまざまなうれしい特典が受けられる「VISAプラチナダイニング」のサービスが受けられます。

ほかにも、一流ソムリエとして有名な田崎真也氏が厳選したワインの紹介や、プレゼント用としてのワイン販売サービスの「プラチナワインコンシェルジュ」。

日本全国約80店舗の一流レストランで2名以上のコース料理を利用した際に、会員1名分が無料となるクーポンがもらえる「プラチナグルメクーポン」。

そして、通常ではゴルフ場メンバー以外予約できない、日本国内の名門ゴルフ場やプロトーナメント開催コース約65ヵ所のゴルフ場を、特別紹介にて予約することができる「VISAプラチナゴルフ」など、上質なライフスタイルを演出してくれるサービスが盛りだくさんです。

どのような人におすすめ?

「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」は、ポイントからANAマイルへの還元率の高さが、一番の特徴であり魅力となるクレジットカードです。

年会費は80,000円(税抜)と高額ですが、ANAの飛行機を頻繁に利用する人にとっては、十分にメリットを享受することができるはず。

そしてなにより、プラチナランクのカードはインビテーション制(招待制)が多い中で、同カードは申込制となっているのもうれしい点ですね。

審査基準は決して低くはないと思われますが、世界を飛び回るマイラーにとっては、是非とも手に入れておきたい一枚でしょう。

この記事をシェアする