ANA ワイドゴールドカード VISA/Master

「ANA ワイドゴールドカード VISA/Master」は、日本の航空会社であるANA(全日本空輸)と三井住友カードとが提携して発行しているゴールドカードです。

ANAのマイルが貯めやすいカードであることはもちろんのこと、ゴールドカードでありながら年会費が9,500円(税別)まで引き下げることができる、大変リーズナブルなゴールドカードなんです。

ana-wide-gold-visa-master

ラウンジの対応状況について

「ANA ワイドゴールドカード VISA/Master」は、国内の主要28空港にある30ヶ所の空港ラウンジを無料で利用することができます。

本カード会員に加え家族会員も利用できるほか、カード会員本人の利用だけでなく、同伴者も当日の航空券を提示することで、1名まで無料で利用することができます。

例えば、本カード1枚と家族カード1枚があれば、最大で4人まで無料で空港ラウンジを利用できることになりますね。家族全員で贅沢な空の旅を体験することができそうです。

プライオリティ・パスについて

「ANA ワイドゴールドカード VISA/Master」は、海外の空港ラウンジが利用可能になるプライオリティ・パスについては、残念ながら対応していません。

同じANAと三井住友カードが提携して発行するカードでプライオリティ・パスのサービスを受けたいのであれば、「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」がありますし、三井住友カード単体であれば「三井住友VISAプラチナカード」を選ぶといいでしょう。

両カードとも年会費は高額になりますが、インビテーション(招待)不要で、カード入会を申し込むことができるのも魅力ですね。

ポイント・マイルサービスについて

「ANA ワイドゴールドカード VISA/Master」で貯まるポイントは、カードご利用代金1,000円で1ポイントが貯まる「ワールドプレゼント」です。

そしてマイルの関しては、ワールドプレゼントポイント1ポイントを10マイルに交換することができます。マイルへの移行手数料も無料なので、日々の買い物や公共料金の支払でカードを利用すれば、どんどんマイルが貯まっていきますね。

ほかにも、カード入会時に2,000マイル、そして毎年のカード継続時に2,000マイルのボーナスがもらえたり、ANAグループ便に搭乗するたびに、区間基本マイレージの25%のボーナスマイルがもらえます。

トラベル関係のサービスについて

「ANA ワイドゴールドカード VISA/Master」のトラベル関係のサービスとしては、加入手続き不要で利用航空会社の制限もなく、国内旅行及び海外旅行の傷害保険が自動付帯されます。

そのほか、ANAスカイホリデーやANAハローツアー、ANA SKY WEB TOURのツアー商品を5%OFFで利用できたり、国内線および国際線機内販売を10%OFFで利用できるなどのサービスがあります。

その他のサービスについて

「ANA ワイドゴールドカード VISA/Master」のその他の特徴としてはやはり、年会費が9,500円(税抜)でゴールドカードを持てるということでしょう。

「カードご利用代金Web明細書サービス」の利用と、「マイペイすリボ」への登録と利用をすることで、通常は14,000円(税抜)の年会費が、9,500円(税抜)まで減額することができます。

どのような人におすすめ?

「ANA ワイドゴールドカード VISA/Master」は、国内の空港ラウンジが利用できるほか、ANAのマイルが貯まりやすいサービスが揃っており、ゴールドカードとして十分な性能を備えています。

そのようなカードが、「カードご利用代金Web明細書サービス」の利用と、「マイペイすリボ」への登録と利用という条件は付くものの、年会費9,500円(税抜)で持てるという点が、最大の魅力でしょう。

あまり年会費をかけずに、充実したマイル生活を贈りたいという方にとっては、おすすめの一枚です。

この記事をシェアする