デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード」は、アメリカン・エキスプレスと、アメリカの航空会社「デルタ航空」が提携して発行しているクレジットカードです。

一般カードのアメリカン・エキスプレス・カード」と同等レベルの年会費(12,000円+税)ながら、更にマイルが貯まりやすくなる様々なサービスが用意された、マイラー向けの一枚なんです。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード

ラウンジの対応状況について

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード」に入会すると、国内の主要28空港にある39ヶ所の空港ラウンジと、ハワイ・ホノルル国際空港、そして韓国・仁川国際空港のラウンジを無料で利用することができます。

ただ、これらの空港ラウンジの利用が無料になるのはカード会員本人のみで、同伴者は別途料金が掛かるのでご注意ください。他のアメリカン・エキスプレス系のカードであれば、同伴者も無料になることが多いので、この点はちょっと残念ですね。

プライオリティ・パスについて

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード」は残念ながら、海外の空港ラウンジが利用可能になる「プライオリティ・パス」には対応していません。

このカードはデルタ航空のマイルを貯めるサービスに特化したカードなので、プライオリティ・パスとのトレードオフといったところでしょうか。プライオリティ・パスを重視したい方は、「アメリカン・エキスプレス・カード」や「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」を選択することをおすすめします。

特に「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」であれば通常、1回の利用に27ドル掛かるプライオリティパス対象の空港ラウンジを、年に2回まで無料で利用することができます。

ポイント・マイルサービスについて

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード」では、カードご利用代金100円で1マイルの「デルタ航空スカイマイル」が貯まります。

一般カードで100円=1マイルのレートでマイルに変換しようとすると、年間3,000円(税抜)の参加費が掛かる「メンバーシップ・リワード・プラス」に登録する必要がありますが、同カードでこの参加費無しで自動的にマイル交換ができるんです。これはマイルを貯めたい方にとってはありがたいシステムですね。

そして入会ボーナスとして10,000マイル、入会後1ヵ月以内に合計10万円以上をカード利用すれば2,000マイルのボーナスマイルがもらえ、デルタ航空の航空券および旅行商品の購入に同カードを利用すると、100円で2マイルが貯まります。

さらに「デルタ航空ファーストフライトボーナスマイル」として、デルタ航空運航便による日本発着の国際線で、最初のフライトでビジネスクラスを利用した場合は25,000マイル、エコノミークラスの場合は10,000マイルがもらえます。

ほかにも、100万円のご利用毎に3,000マイル(最大3回)のボーナスマイルや、毎年のカード継続で2,000マイルのボーナスマイルがもらえるなど、とにかくマイルが貯まるサービスがこれでもか、というほどに用意されています。

トラベル関係のサービスについて

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード」では、入会と同時にデルタ航空スカイマイルの上級会員である「シルバーメダリオン」の資格を得ることができます。

この「シルバーメダリオン」の資格があれば、飛行機に搭乗やチェックインの際に並んで待つことなく、優先的に搭乗・チェックインしてもらうことができます。

さらには、国内および海外旅行で最高5,000万円の傷害補償が付与されるほか、スーツケース1個を空港から自宅まで無料で配送してもらえる「手荷物無料宅配サービス」など、アメリカン・エキスプレス・カード」と同等のサービスを受けることができます。

そしてもちろん、旅行先での各種予約から病気やケガのアクシデントまで、24時間365日で通話無料かつ日本語で対応してくれる「グローバル・ホットライン」も利用することができますよ。

どのような人におすすめ?

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード」は、年会費3,000円の「メンバーシップ・リワード・プラス」に登録することなく100円=1マイルのレートでマイルを貯めることができ、さらにはデルタ航空「シルバーメダリオン」の資格が自動的に得られることが、最大の特徴といえます。

ほかにも、マイルを貯めるためにサービスが数えきれないほど用意されているので、とにかくマイルを貯めたいという方にとっては、素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれる一枚になることでしょう。

この記事をシェアする