楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカード」は、インターネット通販サイトで有名な「楽天市場」が発行するゴールドカードです。

年会費が2,160円(税込)と、ゴールドカードとしては比較的リーズナブルな年会費でありながら、上位カードである「楽天プレミアムカード」と比較してもほぼ遜色のない、充実したサービスを受けることができます。

日頃からよく楽天グループでお買い物をされる方にとってはぜひ検討してみて欲しい、価値ある一枚ですね。

楽天ゴールドカード

ラウンジの対応状況について

「楽天ゴールドカード」に入会すると、国内の主要27空港にある空港ラウンジと海外の2空港にある空港ラウンジを、無料で利用することができます。

具体的には、以下の空港になります。

  • 新千歳空港
  • 函館空港
  • 青森空港
  • 秋田空港
  • 仙台空港
  • 新潟空港
  • 富山空港
  • 小松空港
  • 成田国際空港
  • 羽田空港
  • 中部国際空港
  • 関西国際空港
  • 伊丹空港
  • 神戸空港
  • 岡山空港
  • 広島空港
  • 米子空港
  • 山口宇部空港
  • 高松空港
  • 松山空港
  • 徳島空港
  • 福岡空港
  • 北九州空港
  • 大分空港
  • 長崎空港
  • 鹿児島空港
  • 那覇空港
  • ハワイ・ホノルル空港
  • 韓国・仁川空港

なお、羽田空港国際線旅客ターミナルのラウンジは利用できません。

これだけ多くの空港でラウンジが利用できるのは、普段から飛行機で移動する機会の多い方にとっては、かなりありがたいサービスといえますね。

プライオリティパスについて

「楽天ゴールドカード」は残念ながら、プライオリティパスへの登録を優遇するようなサービスはありません。

無料でプライオリティパスへ登録がしたい場合は、上位カードの「楽天プレミアムカード」の検討をおすすめします。

ポイント・マイルサービスについて

「楽天ゴールドカード」では、100円で1ポイントの「楽天ポイント」が貯まります。

そのうえ、楽天ゴールドカードを使って楽天市場で買い物をすると、通常の1ポイントに加えて4倍のポイントが付くので、合計5倍分のポイントがもらえるようになります。

この「楽天ポイント」は、楽天市場や楽天ブックス・楽天トラベルなどの楽天グループのサービスで利用できるほか、2ポイントにつき1マイルの換算でANAマイルに交換することも可能ですよ。

トラベル関係のサービスについて

トラベル関係のサービスとしては、最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯します。

ただ、こちらの海外旅行傷害保険を適用させるには、公共交通機関や旅行会社の旅行ツアー料金を楽天ゴールドカードで支払うことが前提になる、「利用付帯」の保険になるので、その点にはご注意ください。

ほかには、海外旅行先のお土産を出発前に注文することができる「海外おみやげ宅配サービス」や、海外でのレンタカーを最大10%OFFで利用できる「海外でのレンタカー」、海外旅行の手荷物を空港〜自宅間の配送を往復最大300円OFFで利用できる「手荷物宅配サービス」などがあります。

その他のサービスについて

「楽天ゴールドカード」では、カードを安心して利用するための各種サービスが充実しています。

カード利用をメールで通知してくれる「カード利用お知らせメール」や、楽天市場で買った商品が届かず、店舗と連絡がつかない場合に請求を取り消してくれる「商品未着あんしん制度」、そしてカード情報が不正利用された場合に保証が受けられる「ネット不正安心制度」などがあります。

どのような人におすすめ?

「楽天ゴールドカード」は、楽天市場をはじめとした楽天グループのサービスをよく利用する方におすすめなカードです。

上位カードの「楽天プレミアムカード」と比較すると、プライオリティパスが使えなかったり、海外旅行保険が利用付帯になるといったデメリットはありますが、年会費を抑えられるメリットがあります。

そしてさらに年会費を抑えたい場合には「楽天カード」という選択肢もあります。ただ、年会費が無料になるメリットがある反面、空港ラウンジが使えなかったり、ポイント還元率が4倍に下がると行ったデメリットがあります。

これらのどの点を重視するかによって、自分の利用シーンに合った一枚を選ぶといいでしょう。

さらに詳しい「楽天ゴールドカード」解説や、ほかの楽天カードとの比較などは、こちらの記事を参考にしてください。

参考:楽天ゴールドカードの年会費はお得?メリットとデメリットを他のカードと比較してみました

この記事をシェアする