LCCを使う時はチェックインが2時間前でラウンジ利用時間が足りないケースもあるので注意!

空港ラウンジって、搭乗ゲートをくぐったところにある場合もかなり多いです。

一般客も入れるエリアの空港ラウンジもありますが、特に海外は搭乗ゲートをくぐったところのラウンジが大半なんですよね。

そこで問題になるのが、ラウンジを利用できる時間です。

LCCだと2時間前にチェックインだった

私は過去、台湾の桃園国際空港から日本に帰国する時にチェックインしました。

Peachを利用したのですが、その時は人がかなり並んでいて、チェックインを終わらせるのにかなり時間が掛かりましたね〜。30〜60分ほどでしょうか。

そのあと、搭乗ゲートをくぐって、桃園国際空港の空港ラウンジに行きました。

贅沢な時間を過ごしてやるぞー!と息巻いていましたが、飛行機の出発時間がすぐに近づいてきたため、空港ラウンジに滞在できたのはわずか10〜20分ほどということがありました。

ラウンジでくつろぐ間もなく、出発するというのは、何をしに行ったのか分からなくなりますよね^^;

その時はちゃっかりアイスクリーム(ハーゲンダッツ)を食べましたが、ホントはもっとくつろぎたかったです。

LCC利用時に空港ラウンジに行くなら時間の余裕を持って!

もし、LCCを利用する方で、プライオリティパスを持っている場合、空港ラウンジにも行きたいと思います。

でも、チェックインに時間がかかりすぎてしまうと、ラウンジでくつろぐ時間があまり取れなくなってしまいますので、時間に余裕を持って行くようにしましょう。

人が並んでなければいいのですが、チェックイン時刻の前からスタンバイしておくのが一番手っ取り早い方法かと思います。

せっかく優雅な気分を味わえる空港ラウンジ、せっかくなら長時間滞在できるようにしてみましょう。

この記事をシェアする