アタテュルク国際空港 HSBC CLUB LOUNGE

アタテュルク国際空港 HSBC CLUB LOUNGE

トルコのイスタンブール、アタテュルク国際空港のHSBC Club Loungeの紹介です。

アタテュルク国際空港は、国内線ターミナルと国際線ターミナルの2つに分かれていて、今回は国際線ターミナルを利用したので、プライオリティ・パスが使える3つのラウンジを訪れました。

アタテュルク国際空港の保安検査は、空港入口と出国審査後の2回受けなければなりません。

どちらも利用客で混み合うので、時間に余裕を持って空港へ行きましょう。

空港内は、全面禁煙です。
喫煙される方は、注意が必要です。

国際線ターミナルのラウンジへ行くには、フードコートを目指す

出国審査後の保安検査場を過ぎて右に曲がります。免税店が並んでいるエリアの突き当りにあるフードコートを目指しましょう。

フードコートの真ん中にエスカレーターがあります。

アタテュルク国際空港 HSBC CLUB LOUNGE

上へ行くと、Comfort Lounge、HSBC Club Lounge、Millennium Loungeの3つ、下へ降りるとPrimeclass CIP Loungeがあります。

この4つのラウンジのうち、上の階にあるMillennium Loungeだけがプライオリティ・パスでは入場できません。

他の3ヶ所は、プライオリティ・パスで利用できます。

プライオリティ・パスを持っているとComfort Lounge、HSBC Club Lounge、Primeclass CIP Loungeの3つを「ハシゴする」ことができますよ。

上の階へ行くと、エスカレーターの前に3つのラウンジがあります。

プライオリティ・パスでは入場できないMillennium Loungeです。入口の案内に利用できる航空会社が書かれています。

アタテュルク国際空港 HSBC CLUB LOUNGE

Comfort Loungeです。
こちらは、プライオリティ・パスで入場でき、24時間営業となっています。

アタテュルク国際空港 HSBC CLUB LOUNGE

こちらが、今回紹介するHSBC Club Loungeです。
こちらも24時間営業。最大4時間まで滞在できます。

上の階の3つのラウンジは、入口が向かい合っていてお互いに目と鼻の先です。

アタテュルク国際空港 HSBC CLUB LOUNGE

ラウンジ入口前の案内には、HSBCカード所有者が使えることが書かれていますが、プライオリティ・パスでも問題なく利用できます。

アタテュルク国際空港 HSBC CLUB LOUNGE

ラウンジの中の様子を見てみましょう

受付です。特に凝った装飾もなく、シンプルです。
受付の向こう側が、明るい雰囲気ですね。

アタテュルク国際空港 HSBC CLUB LOUNGE

入口左にはATMがありました。
トルコリラ、米ドル、ユーロ、英ポンドの4種類が使えます。

アタテュルク国際空港 HSBC CLUB LOUNGE

受付には、Wi-FiのSSIDとパスワードが書かれた紙が、金魚鉢のようなガラス容器に入っています。

プライオリティ・パスが使えますよ、というプレートがありますね。

アタテュルク国際空港 HSBC CLUB LOUNGE

Wi-Fiの紙です。
線に沿って紙をまっすぐ切ってないところが、物事をきっちりこなす日本人とは違う海外の適当感が出ていますね。

アタテュルク国際空港 HSBC CLUB LOUNGE

Wi-Fiは、インターネットに接続するまでに手順が多いです。

紙に書かれている、上の行から順番に行います。

Wi-Fiの設定で、”BTA_Guest”を選択した後に、一度ブラウザを立ち上げる必要があります。
トルコ語のページが表示されるので、画面上のEnglishを選択してください。

“Registerd user”をタップまたはクリック。
ユーザーネームとパスワードを入力して接続完了です。

深夜に近い時間帯の23時45分、利用客がそれほど多くないラウンジ内でWi-Fiの速度を測ってみました。動画再生にもまったく問題ないレベルの速さですね。

アタテュルク国際空港 HSBC CLUB LOUNGE

受付の裏側が、くつろぐスペースです。

アタテュルク国際空港 HSBC CLUB LOUNGE

新聞は、トルコ語しかありませんでした。

アタテュルク国際空港 HSBC CLUB LOUNGE

ラウンジの中は、かなり明るいです。
深夜0時頃なのに利用客が20人程いました。

アタテュルク国際空港 HSBC CLUB LOUNGE

座席周りにコンセントが見当たりません。

アタテュルク国際空港 HSBC CLUB LOUNGE

奥には大型の窓があり、免税エリアを見下すことができます。

アタテュルク国際空港 HSBC CLUB LOUNGE

窓側にテレビとフライトインフォメーションがあります。
CNNを放送していました。

アタテュルク国際空港 HSBC CLUB LOUNGE

電子ロック式のロッカーもありましたよ。

アタテュルク国際空港 HSBC CLUB LOUNGE

フードコーナーのそばには、携帯電話やスマートフォン、タブレットを充電する場所もありました。

「充電用電子式ロッカー」と言えばいいのでしょうか?
端末にケーブルを挿したら、扉を閉めて暗証番号を入力します。

アタテュルク国際空港 HSBC CLUB LOUNGE

充電中は、端末が使えなくなります。
モバイルバッテリーを持ち歩いたほうが便利です。

受付の横にパソコンとプリンターが設置してありました。

アタテュルク国際空港 HSBC CLUB LOUNGE

窓側の隅にも1台だけパソコンがありました。

アタテュルク国際空港 HSBC CLUB LOUNGE

フードコーナーには、食べ物が充実。定番のスープもある

穀粉で作った生地の中にチーズや肉などを詰めて作るパイに似たトルコ料理のブレクが2種類ありました。アツアツでしたよ。

アタテュルク国際空港 HSBC CLUB LOUNGE

スープです。

アタテュルク国際空港 HSBC CLUB LOUNGE

トルコで食事のときに欠かさず口にするメルジメッキチョルバス(レンズ豆のスープ)です。日本人にとっての味噌汁のようなものです。

アタテュルク国際空港 HSBC CLUB LOUNGE

ショウケースに食べ物がたくさんありましたよ。

アタテュルク国際空港 HSBC CLUB LOUNGE

パン、ケーキ、ビスケットです。

アタテュルク国際空港 HSBC CLUB LOUNGE

隣のショーケースも見てみましょう。

アタテュルク国際空港 HSBC CLUB LOUNGE

上の段には、野菜等を挟んだパンが3種類、ビニール袋に包まれています。

アタテュルク国際空港 HSBC CLUB LOUNGE

中段と下段の奥には、スイーツ。
トルコスイーツではなく、普通のケーキでした。

アタテュルク国際空港 HSBC CLUB LOUNGE

下段右は、ひよこ豆のサラダ。

中央の白い食べ物は、トルコ料理のヨーウルトゥル・ウスパナク(ほうれん草とヨーグルトの前菜)。ヨーグルトの酸味が強いです。

左は小粒の豆を使ったサラダですが、何の豆なのかよくわからなかったです。

トルコ・コーヒー専用コーヒーメーカーがあった

ドリンクコーナーに飲み物がたくさんありましたよ。

アタテュルク国際空港 HSBC CLUB LOUNGE

手前がシュース、奥にアルコール類です。
左奥のボトルは、トルコの赤ワイン、ヤクーツです。

こちらはおつまみ用の豆。

アタテュルク国際空港 HSBC CLUB LOUNGE

ビールサーバーが、凍っています。キンキンに冷えていますね。
ティーパックの紅茶もありましたよ。

アタテュルク国際空港 HSBC CLUB LOUNGE

左端のステンレス製のものは、トルコのチャイダンルック(2段式やかん)です。

下のポットでお湯を沸かし、その蒸気で上のポッドに入れた茶葉を蒸らすことで、風味豊かな濃い紅茶をつくることができます。

アタテュルク国際空港 HSBC CLUB LOUNGE

コーヒーもあります。
でも、よく見ると4種類もありました。

右端のコーヒーが入っているポットは、ごく一般的な普通のコーヒー。

その左隣の瓶は、日本でもおなじみのインスタントコーヒー。

黒色と銅色の筒状のものは、トルコ・コーヒーを作るための専用コーヒーメーカー。右隣りにある金色のアルミ缶が、トルコの老舗コーヒー店、メフメット・エフェンディのコーヒーです。

奥の銀色と青色の機械は、イタリアのコーヒーメーカー、ラバッツァのエスプレッソマシン。

アタテュルク国際空港 HSBC CLUB LOUNGE

トルコ・コーヒーの作り方は、写真付きで英語とトルコ語で書かれています。

アタテュルク国際空港 HSBC CLUB LOUNGE

和食と同じく2013年にユネスコの無形文化遺産に登録されたトルコ・コーヒー。

長い柄のついたひしゃく型銅製コーヒー鍋(ジェズベ)を使い、水から煮立てて上澄みだけを飲むものと思い込んでいたので、まさか、トルコ・コーヒーを作るための専用コーヒーメーカーがあるとは思わなかったです。

初めて見た時は、驚きました。

野菜等を挟んだパン3種を食べてみた

フードコーナーのショウケースにあった3種類のパンに何が挟んであるのか気になったので、食べてみました。

アタテュルク国際空港 HSBC CLUB LOUNGE

白いロールパンは、レタス、トマト、鶏肉を巻いていました。生地が厚くて硬く、噛みごたえがありました。

アタテュルク国際空港 HSBC CLUB LOUNGE

手前のごまパンには、レタス、赤ピーマン、ペースト状のチーズ。黒パンにもレタス、ペースト状のチーズにはスライスしたニンジンを混ぜてありました。

アタテュルク国際空港 HSBC CLUB LOUNGE

パンはどれも一口サイズの大きさです。乾燥していてパサついていたのが残念でした。

●ラウンジを利用して感じたこと
プライオリティ・パスで入場できる3つのラウンジの中でHSBC Club Loungeは、大きな窓があり明るく開放的でした。窓から免税店を行き交う人達を見るのも楽しいですよ。

椅子や机がデスクワークに適したものではないので、ノートパソコンを広げてのビジネス利用には向かないと思います。

ここに限らず海外のラウンジは、座席周りにコンセントが少なく不便なことが多いので、スマートフォンやタブレットを充電するときはモバイルバッテリーを持ち歩くことをおすすめします。

トルコ・コーヒー専用コーヒーメーカーがあるので、トルコを飛び立つ前の最後の思い出に、トルコ・コーヒーを堪能するのもいいかもしれません。

ラウンジ情報

ラウンジ名アタテュルク国際空港 HSBC CLUB LOUNGE
ラウンジ位置搭乗客エリア(airside)
営業時間24時間営業
最大利用時間4時間
設備・サービス
ドリンクサービス(ソフトドリンク)ドリンクサービス(アルコール類)新聞・雑誌閲覧フライトインフォメーションFAXテレビインターネット・通信ポート禁煙

この記事をシェアする