シャルル ド ゴール空港 ICARE LOUNGE

ラウンジは国際線エリア内、出入国審査後の免税店エリアにあります。(シェンゲン圏内で旅行の方は、出入国審査を抜けてラウンジへと行く前に、第1ターミナル内出発口の階のデスク34、Aeroports de Parisインフォーメーションデスクで「Icare Lounge Invitaion Card」を受けて下さい。) 

ラウンジ利用には、搭乗券の提示が必要です。

第2ターミナルから乗り継ぎを利用の方もラウンジを利用できますが、利用後最低30分の余裕を持って出発ゲートへ向かって下さい。

ラウンジ情報

ラウンジ名シャルル ド ゴール空港 ICARE LOUNGE
ラウンジ位置搭乗客エリア(airside)
営業時間06:30-23:30
子供の入場12歳未満無料
設備・サービス
ドリンクサービス(ソフトドリンク)ドリンクサービス(アルコール類)新聞・雑誌閲覧FAX電話テレビインターネット・通信ポートWi-Fi・無線LAN禁煙
備考無料ドリンクの提供は1人1杯まで。
フライトインフォーメーションが必要な方は申し出てください。

クチコミの一覧(1件)

東京都/ 40代/ 秘書/ 女性
利用カードAir Franceのカード
評価 ★★★★☆4

主人が、エールフランスを良く利用しておりましたので、二人で旅行する時には私も一緒にラウンジを利用させて頂きました。

初めて利用する時は、特別な場所に入る感じがしてドキドキして嬉しかったことを思い出します。

長時間のフライトの後、乗継便の出発前に、シャワーを浴びられるのが、一番ほっとして、すっきりして、良い気分でした。

食べ物、飲み物は、あまり種類がなく、スナック菓子中心ですぐに飽きてしまいますし、あまり美味しいとは言えませんでしたが。

シャワーの間に、洋服にアイロンをかけておいて頂けたこともあり、とてもうれしく感動しました。
もっとシャワーブースが沢山有れば良いのになぁと思いました。

せっかく立ち寄っても、シャワーの待ち時間がとても長く、利用を断念することも有りましたので。

しかしながら、清潔なタオル、たっぷりのお湯、クラランスやロクシタンの基礎化粧品が使えるという事は、リュクスな気分になれた事は、言うまでもありません。

願わくは、フランス人スタッフの方々の接客態度が、もう少し日本の航空会社の方々のように、愛想よく、親切であって欲しいです。

もちろん、にこやかで親切な方々も沢山いらっしゃいましたが、少数の無口・無愛想・不親切・そして自分達のおしゃべりに熱中するあまり、顧客の存在を忘れてしまうようなスタッフ(目の前の床に、スナック菓子の空き袋が落ちていても、知らんぷり!それに、食べ物や飲み物が少なくなっていても、補充せず見て見ぬふり…)の存在のために、ラウンジで過ごした時間のイメージが台無しになったことも何度かあります。

この感想は、日本と比較しただけではありません。

同じヨーロッパの、例えばオリンピック航空などは、こぢんまりとしたラウンジでしたが、スタッフは皆親切で感じが良くて提供される飲み物、食事もレベルがとても高く、室内も清潔で、本当にのんびり過ごせました。

ラウンジには、その国のおもてなしの心がこもっていて欲しいです。

この記事をシェアする