羽田空港第1ターミナル エアポートラウンジ(中央) 1F

羽田空港の第1ターミナルにあるエアポートラウンジ(中央)に行ってきました。

ここのラウンジは、搭乗ゲートをくぐってなくても行けるところになります。当日の搭乗券と対象になっているゴールドカード以上のカードを提示することで、無料で利用できますよ。

外観・受付付近の様子

京急の羽田空港国内線の駅から直通になっていて、1Fまで上がったら、エアポートラウンジがあります。

外観は、以下のような感じ。どことなく、日本らしい雰囲気がありますね。中に入ってみると、「和」の要素はなかったですけど、外観のパッと見ではそんな雰囲気がありました。

羽田空港第1ターミナル エアポートラウンジ(中央)

エアポートラウンジ(AIRPORT LOUNGE)の文字にも歴史をなんとなく感じます。

羽田空港第1ターミナル エアポートラウンジ(中央)

普通にラウンジを利用するには、1,030円掛かります。私は今回普通に利用したので1,030円払いました。

羽田空港第1ターミナル エアポートラウンジ(中央)

入り口付近では、スポーツ新聞やいろいろな雑誌が置かれています。自由に閲覧できますので、搭乗までの時間で読んでみるのもいいですよ。

特に雑誌なんかは贅沢な気分になれると思います。

羽田空港第1ターミナル エアポートラウンジ(中央)

あと、入り口付近には公衆電話がありました。懐かしい!使う人がいるのかどうかは分かりませんが、あるだけありがたいです。

羽田空港第1ターミナル エアポートラウンジ(中央)

フライトインフォメーションもあります。定期的にチェックして、乗り遅れないようにしましょう。

羽田空港第1ターミナル エアポートラウンジ(中央)

椅子エリアはそんなに広くない

肝心のラウンジエリアに入ってみました。中はそんなに広くなくて、以下の写真のスペースしかありませんでした。

他のラウンジを利用されたことのある方であれば、え、これだけ?と思うかもしれません。

羽田空港第1ターミナル エアポートラウンジ(中央)

アルコールメニューは別料金です。

羽田空港第1ターミナル エアポートラウンジ(中央)

ドリンクが充実

ラウンジエリアはそれほど広くなかったですが、ドリンクコーナーは充実していました。もちろん、自由に飲めます。

羽田空港第1ターミナル エアポートラウンジ(中央)

トマト・オレンジ・アップリジュースもあります。

羽田空港第1ターミナル エアポートラウンジ(中央)

コーヒー、カフェラテも。

羽田空港第1ターミナル エアポートラウンジ(中央)

紅茶や緑茶などもありますよ。

羽田空港第1ターミナル エアポートラウンジ(中央)

ドリンクバーは、烏龍茶・コカコーラ・ジンジャーエール・カルピスソーダ・リアルゴールド・水・炭酸水・紅茶花伝がありました。

羽田空港第1ターミナル エアポートラウンジ(中央)

スポーツドリンクや牛乳もありましたよ。かなり充実しています。

羽田空港第1ターミナル エアポートラウンジ(中央)

コップを自由に取って飲んでください。

羽田空港第1ターミナル エアポートラウンジ(中央)

喫煙室コーナーもあった

あと、おまけですが、喫煙室もありました。個人的には、喫煙室を作るぐらいなら、完全禁煙にしてラウンジエリアを広くして欲しいと思いましたけどね。

羽田空港第1ターミナル エアポートラウンジ(中央)

ラウンジ情報

ラウンジ名羽田空港第1ターミナル エアポートラウンジ(中央) 1F
ラウンジ位置一般区域(landside)
営業時間6:00〜20:00
基本料金1,030円
子供の入場4歳未満無料
設備・サービス
ドリンクサービス(ソフトドリンク)ドリンクサービス(アルコール類)新聞・雑誌閲覧フライトインフォメーション電話テレビシャワー
備考アルコール類有料
シャワー有料

クチコミの一覧(2件)

東京都/ 30代/ 会社員/ 男性
評価 ★★★★☆4

利用前に関しては初めてなこと、利用料金も安いとは言えないことから期待は大きかったと思います。

事前にネットで調べて行ったのですが、革張りソファ、ドリンクサービス、ビジネススペース等に関してホームページ上の画像などから、都内に増えつつあるちょっとラグジュアリーな自習室、ビジネススペース等のイメージを持ちながら利用しました。

実際には、空港にやや余裕を持って到着し、離陸時間までPCで原稿書きをしてましたが、結論から言うと満足な時間を過ごしました。

2時間ほど滞在しましたが、分煙であること、ドリンクサービスも充実していることから、利用料金に見合う程度の価値はあったかと思います。

自分自身喫煙者ですが、集中して作業をするときはタバコの煙に煩わされたくないため、徹底分煙のラウンジの居心地は良かったです。

これはたまたま空いている時間帯だったかもしれませんが、タバコを吸って気分を入れ替えたいときは席を気軽に移動できる、空いている時間帯だったのも幸いだったとは思いますが。

ただ、騒音に関していえばもう少し配慮をしてほしかったと思います。

時間当たりの単価でいえば決して安くはない料金を支払ってラウンジを利用しているのですから、一般の空港待合室のように子供からの騒音(泣き声、叫び声、話し声等)から完全に解放される空間を提供してほしかったと思います。

意外でしたが、子供も年齢制限なしで利用可能であるため、結構子供連れの夫婦等の利用も見られました。

もちろん子供が小さいので、離陸まで一般の待合室ではなく、スペースに余裕のある場所で子供の世話をなさりたい親御さんたちの需要もあることは理解できます。

ただ、ビジネススペースとしての利用も想定されている以上、そのような方々のためには育児ラウンジ等の専用スペースをとって施設を分ける等、出張等で出先で報告書や調査書をまとめなければいけないビジネス需要のニーズとの調和をとるようにしていただけるとより良い施設になるかと思います。

千葉県/ 30代/ 会社員/ 女性
評価 ★★☆☆☆2

沖縄に行く予定でしたが、前日の台風の影響でフライトに影響があるとのことでした。キャンセルをすることなくとりあえず羽田空港を訪れましたが、私たちの飛行機は運休となったものの振替可能ということで、待つことになりました。

朝6時に空港に着きましたが、12時くらいまで空港で待機することになりました。朝ごはんもまだでしたので、大好きなコーヒーを飲もうとスターバックスコーヒーを訪れましたが満席。そこで長時間待機ということもあったので、ラウンジに行くことになりました。

一緒にいた友人がJALの社員であったため、ラウンジの利用料金は無料でした。通常はラウンジと化粧室、フリードリンクの飲み放題がついて1,030円だそうです。

初めてのラウンジは驚きでいっぱいでした。カードの種類によって無料で使用できるそうですが、無料だから利用するところという感じで、1,030円払ってまで利用したいとは到底思えないほどでした。

理由は、エントランはガラス張りで豪華な印象を受けましたが、入ってびっくり。ソファーがびっちり隣同士がくっつき、向かい合っている部屋でした。当日は、天候のせいもあってか席は全て埋まっていて、座るスペースはなかったです。

荷物を置くスペースもなかったので、私たちはスーツケースの上に座って休むことにしました。ソフトドリンクの種類は10種類くらいはありましたが、ファミレスのジュースバーみたいな感じで特別感はありませんでした。

また、軽食も数種類置かれていましたが、別途料金ということで特においしそうなものではなく、ビニール袋にはいったパン等でしたので食べることは無かったです。あとアルコールも用意されていましたが、こちらも別途料金がかかるようでした。

とにかく、座るところがないのが辛かったです。テレビがついていて、大音量で台風のニュースが流れていました。駅の待合所の方が静かなのかな、と感じました。

今回、私はお金を払っていませんが、1,030円を払って座ることもできず、スーツケースの上で過ごす時間を買うなんて絶対にしたくないです。受付で搭乗券を提示するので、その時点で人数制限をするべきだと思います。でないと、お金を払う人はクレームが生じるのでは?と思う程です。

ラウンジとは、出発や帰国をゆったりと過ごせるため、お金をって得る特別な空間だと思っていたので、残念な初体験でした。

この記事をシェアする