楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカード」は、インターネット通販サイトで有名な「楽天市場」が発行するゴールドカードです。

有名な「楽天カード」の上位カードにあたるクレジットカードになります。
楽天カードは年会費無料ですが、楽天ゴールドカードの場合は、年会費が税込2,200円必要です。

その代わりに空港ラウンジが使えたり、他にも年会費の元が余裕で取れるサービスがありますので、このあとで詳しく紹介していきますね。続きを読んでいただけたらうれしいです!

ここでは楽天ゴールドカードで空港ラウンジを使うときの話を中心にしていきます。

参考:楽天ゴールドカードを詳しく見るにはこちら

楽天ゴールドカードは年に2回まで無料で空港ラウンジが使える

楽天ゴールドカードを持っていると、あとで紹介する対象の空港ラウンジが年に2回まで無料で使えます。1年とは9月1日から翌年8月31日の期間のことです。

例えば新千歳空港の「スーパーラウンジ」は1回あたり1,100円かかるので、2回使えば年会費と同じ値段になりますね。

つまり、楽天ゴールドカードの年会費は空港ラウンジ利用料とほぼ同じと思ってもらって大丈夫です。

例外もあって、韓国の仁川国際空港にある「IASS INCHOEN LOUNGE-MATINA-(EAST・WEST)」と「IASS INCHEON LOUNGE2-Air Cafe-」は2回の制限がないので、何度でも利用できます。

同伴者は無料にできない。別料金

家族やパートナーと空港ラウンジを使うときは、1人ではないと思います。
そのときに同伴者も一緒に入れるかどうかは気になるところ。

残念ながら、楽天ゴールドカードは同伴者と一緒に無料で空港ラウンジには入れません。同伴者の分は有料になってしまいます。

先ほどの新千歳空港「スーパーラウンジ」だと、同伴者は1,100円払わないと入場できないですね。家族や子供であっても同じです。

子供は3歳未満なら無料のところが多い

楽天ゴールドカードでは空港ラウンジ利用時に同伴者無料にできないですが、3歳未満の子供がいる場合は、ラウンジのルールで無料になっているところがあります。

ラウンジごとに子供が無料になる年齢は異なっていますので、事前に利用する空港のホームページをチェックしておくと間違いないですよ。

また、このあとで空港ラウンジ一覧を紹介していますので、そこからでも利用したときの体験談や、提供サービスなどを確認できます。

家族カードなら無料で空港ラウンジが使える

楽天ゴールドカードは家族カードも作ることができ、家族カードを提示した場合は同様に空港ラウンジへ無料で入れます。本カードと同じ年に2回まで無料ですね。

ただし家族カードの年会費が税込550円必要になります。

入会キャンペーンのお得さを考えると、家族カードではなく、「普通にもう1枚作っておいたほうがいいのでは?」と思わなくもないです。

楽天ゴールドカードで入れる国内線のラウンジ

楽天ゴールドカード

ここで、楽天ゴールドカードを使って入場できる国内線の空港ラウンジを一覧にしておきました。

どこのラウンジが使えるかって気になりますよね。

空港名 ラウンジ名
新千歳空港 スーパーラウンジ
新千歳空港 ノースラウンジ
函館空港 国内線ビジネスラウンジ
旭川空港 ラウンジ大雪
青森空港 エアポートラウンジ
秋田空港 ラウンジロイヤルスカイ
仙台国際空港 ビジネスラウンジ
新潟空港 エアリズムラウンジ
富山空港 らいちょう
小松空港 スカイラウンジ白山
中部国際空港セントレア プレミアムラウンジセントレア
中部国際空港セントレア 第2プレミアムラウンジセントレア
富士山静岡空港 YOUR LOUNGE
成田空港 第1旅客ターミナル IASS EXECUTIVE LOUNGE 1
成田空港 第1旅客ターミナル ビジネス&トラベルサポートセンター(TEIラウンジ)
成田空港 第2旅客ターミナル IASS EXECUTIVE LOUNGE 2
成田空港 第2旅客ターミナル TEIラウンジ
羽田空港 国内線ターミナル 第1旅客ターミナル POWER LOUNGE SOUTH
羽田空港 国内線ターミナル 第1旅客ターミナル POWER LOUNGE NORTH
羽田空港 国内線ターミナル 第1旅客ターミナル POWER LOUNGE CENTRAL
羽田空港 国内線ターミナル 第2旅客ターミナル POWER LOUNGE NORTH
羽田空港 国内線ターミナル 第2旅客ターミナル エアポートラウンジ(南)
羽田空港 国内線ターミナル 第2旅客ターミナル POWER LOUNGE CENTRAL
関西国際空港 六甲
関西国際空港 アネックス六甲
関西国際空港 金剛
伊丹空港 ラウンジオーサカ
神戸空港 ラウンジ神戸
岡山空港 ラウンジマスカット
広島空港 ビジネスラウンジ「もみじ」
米子鬼太郎空港 ラウンジDAISEN
山口宇部空港 ラウンジきらら
出雲縁結び空港 出雲縁結び空港エアポートラウンジ
高松空港 ラウンジ讃岐
松山空港 ビジネスラウンジ
徳島阿波おどり空港 ヴォルティス
福岡空港 くつろぎのラウンジTIME
福岡空港 ラウンジTIMEインターナショナル
北九州空港 ラウンジひまわり
大分空港 ラウンジくにさき
長崎空港 ビジネスラウンジ「アザレア」
阿蘇くまもと空港 ラウンジ「ASO」
宮崎ブーゲンビリア空港 ブーゲンラウンジひなた
鹿児島空港 スカイラウンジ菜の花
那覇空港 ラウンジ華

ハワイ・仁川など国際線の海外空港ラウンジも一部使えます

楽天ゴールドカードを持っていると、国内線の空港ラウンジだけでなく、一部国際線の空港ラウンジも使えます。

ハワイ/ダニエル・K・イノウエ国際空港 国際線ターミナルの「IASS HAWAII LOUNGE」と、韓国の仁川国際空港にある「IASS INCHOEN LOUNGE-MATINA-(EAST・WEST)」・「IASS INCHEON LOUNGE2-Air Cafe-」ですね。

この3つのラウンジも楽天ゴールドカードがあれば入れます。

今のところ国際線で対象になっているのはこれだけで、香港・台湾・タイ・シンガポールなどの他に人気の国では使えるところがありません。

ハワイにある楽天カード専用のラウンジにも入れる

空港ラウンジとは違いますが、楽天ゴールドカードを持っていると、ハワイにある楽天カード専用のラウンジにも入れます。

「T ギャラリア ハワイ by DFS 2階」と「アラモアナセンター エヴァウィング 3階」の2つがあり、こちらは同伴者も5人まで無料で使えるメリットがありますね。

ただし、2020年3月20日以降はコロナウイルスの影響で休業中です。
ハワイに行く予定があるときは、事前に公式サイトでチェックしておくのをおすすめします。

楽天ゴールドカードで空港ラウンジに入るときの使い方

仙台空港1F ビジネスラウンジ WEST SIDE

楽天ゴールドカードで空港ラウンジに入るとき、どうやって使えばいいのかも気になるかと思います。

初めてだと難しく感じるかもしれませんが、実際にやってみると拍子抜けするほど簡単です!

航空券と楽天ゴールドカードを受付で提示しましょう。
たったそれだけで終わります。

受付の人がチェックしてくれ、通してもらえたら、あとは自由にラウンジでフライトまでの時間を過ごすだけですね。

プライオリティパスの付帯はありません

楽天ゴールドカードは、残念ながらプライオリティパスへの登録を優遇するようなサービスはありません。

プライオリティパスが欲しいなら、楽天ゴールドカードよりも上位カードの「楽天プレミアムカード」を使うのがいいですよ。

楽天市場の買い物で2%ポイントアップする

空港ラウンジ以外のところで楽天ゴールドカードを見ると、楽天市場で使ったときに大きなメリットが出てきます!

なんといっても、楽天ゴールドカードがあるだけで楽天市場で買い物するときに5%のポイントが貯まります。

普通の楽天カードだと3%止まりですが、楽天ゴールドカードになるとプラス2%になるため、ポイントの貯まりやすさが全然違ってきますよ。

30,000円買い物したら、600円分ものポイントが多めにもらえる計算になります。

買い物だけで楽天ゴールドカードの年会費を取ろうと思うなら、年間で11万円以上楽天市場で買い物すればOKです!

お買い物マラソンや楽天ふるさと納税で楽天市場のお世話になっているとか、楽天ポイントせどりをしているとかなら、余裕で年間11万円以上使えると思います。

空港ラウンジの特典と合わせると、年会費が安く感じるはず。

楽天市場以外で楽天ゴールドカードを使っても、1%分の楽天ポイントが貯まります。どこで使ってもお得ですね!

作るときは、1回楽天カードを作ってから切り替えがおすすめ

楽天ゴールドカードを持ってみたいと思ったときは、まず普通に楽天カードを作るほうがおすすめです。

というのも、楽天カードだと入会キャンペーンで、少なくとも最大5,000ポイントがもらえるから。

楽天ゴールドカードだとこのキャンペーンがないため、楽天カードの入会キャンペーンでしっかり楽天ポイントをもらったあとに、楽天ゴールドカードに切り替えするのが一番お得なやり方です。

急ぎで楽天ゴールドカードが必要ではないという限りはこの方法を使うようにしましょう。

参考:楽天カードのページはこちら
参考:楽天ゴールドカードのページはこちら

姉妹サイトの「ノマド的節約術」でも楽天ゴールドカードの使い方を解説していますので、詳しくはこちらもどうぞ。
参考:楽天ゴールドカードの使い方解説記事

この記事をシェアする