【口コミ】グランドニッコー淡路(ウェスティンホテル淡路)の宿泊記ブログ

友人が淡路島でイベントをやっていたので、遊びに行ってきました。淡路島は神戸市から明石海峡大橋を渡れば、すぐに淡路島に到着します。

島内で移動する事を考えると神戸でレンタカーを借りるのがベストだと思います。僕もいつもそうしています。

グランドニッコー淡路(旧:ウェスティンホテル淡路)

宿泊当時はウェスティンホテル淡路でしたが、今はグランドニッコー淡路に名前が変わっています。

Westin 3

空いていれば神戸市(三ノ宮)からウェスティン淡路までは40分弱で到着します。この日は快晴だったので、ウェスティンまでの道のりがとにかく気持ちよかった。

フロント

駐車場

駐車場は、宿泊者は何度車の出し入れをしても無料です。

Westin 淡路島駐車場
淡路島
ウェスティン

フロント

フロントに付いたのでチェックインをします。事前に郵送物をウェスティンに送っていたのですが、フロントスタッフより「お荷物をお預かりしています」と荷物を出してくれました。

ホスピタリティが高く、気分良くチェックインできました。外資系のホテルとあってか、外国人ゲストも多く滞在していました。

The Westin

部屋

Westin 94

エレベーターで自分の部屋まで向かいます。緑が多く光が差し込んで、清々しい気分になります。

ウェスティン

部屋はスーペリアツイン(禁煙)です。WiFiは無料です。ウェスティンホテルは「ヘブンリーベッド(heavenly bed)」というベッドを採用しています。

フカフカのベッドで枕高くして寝るのが大好きです(笑)寝心地良く眠るために、開発されたヘブンリーベッドはやっぱり良いです。ちなみに通販で購入する事ができます。

ヘブンリーベッドとは?

北米のウェスティン本部で他ホテルに先駆け、究極の寝心地を追求して研究開発されたヘブンリーベッドを導入しています。また、全てのお部屋はベイエリアを臨むバルコニー付きで、専用のチェアとテーブルを完備。安藤忠雄氏設計による大きな窓とスイスのデザイナー マリアン・ガウアーによるインテリアで、より開放的な雰囲気に仕上げました。

無料の水は2本あります。

淡路島 水
Westin 61

仕事用の机もあるので、バッチリです。

机
TV

この部屋の1番のお気入りは何と言ってもベランダ(バルコニー)です。広めのベランダから淡路島のキレイな景色がのぞめます。

しばらく窓を開けっ放しにして、微風を感じます。

ベランダ
淡路島
淡路島 海

シャワー・トイレ

洗面台
アメニティ

バスタブがあります。

バスタブ
トイレ

ロビー・ラウンジ(Lucciola)

次の用事までロビー・ラウンジ(ルッチョラ)でゆっくりします。

ロビー・ラウンジ
ロビー・ラウンジ

アールグレイを注文しました。この時間はお客さんもいなく、のんびり過ごす事ができました。

アールグレイ

チャペル

ウェスティンはチャペルもあるんですね。時間があったので、少しのぞいてみました。

素敵なデザインです。沢山のカップルがここで式を挙げたのでしょう。

チャペル
ウェスティン チャペル

1日の滞在でしたが、とても素敵な景色と共にゆったり過ごす事ができました。また淡路島に来たら、ウェスティンに泊まりたいと思います。

この記事をシェアする