アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード(以下:スカイトラベラーカード)は、海外でもっとも信用のあるブランド「アメリカン・エキスプレス」が発行するカードです。

「スカイ・トラベラー」という名前からもわかるように、このカードは航空券の購入やマイルへの交換などでさまざまな優遇サービスが用意されている、空の旅に特化したクレジットカードになります。

このページでは、空港ラウンジでの利用に中心にスカイトラベラーカードの使い方を紹介していきますね。

※ スカイトラベラーカードは新規申込を停止しています。現在使っているなら、今も引き続き使えます。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

スカイトラベラーカードで空港ラウンジを無料にする使い方

スカイトラベラーカードを持っていると、国内主要空港のラウンジが無料で使えます。

でもどうやって無料にするのか、具体的にイメージしづらいかもしれませんね。

空港ラウンジでは、入る前に必ず受付を通ることになります。
そのときにスカイトラベラーカードと航空券のチケットを提示すると、無料で入れますよ。

たったこれだけで空港ラウンジに入れます!

初めて空港ラウンジを使うときは緊張すると思いますが、受付はあっさりと終わりますので、やってみると拍子抜けしますよ。

同伴者も1名は無料にできる

家族やパートナーと空港ラウンジを使うときは、1人ではないと思います。
そのときに同伴者も一緒に入れるかどうかは気になるところ。

スカイトラベラーカードの場合は、同伴者1人まで無料でラウンジに入れます。

安い年会費のゴールドカードだと同伴者分は有料になることが多いのですが、スカイトラベラーカードだと無料になるのがありがたいですね。

これからのフライトに備えて2人でゆっくりとした時間が過ごせますよ。

スカイトラベラーカードで入れる国内線のラウンジ

ここで、スカイトラベラーカードを使って入場できる国内線の空港ラウンジを一覧にしておきました。

どこのラウンジが使えるかって気になりますよね。

空港名ラウンジ名
新千歳空港スーパーラウンジ
新千歳空港ノースラウンジ
函館空港国内線ビジネスラウンジ
青森空港エアポートラウンジ
秋田空港ラウンジロイヤルスカイ
仙台国際空港ビジネスラウンジ
新潟空港エアリズムラウンジ
富山空港らいちょう
小松空港スカイラウンジ白山
中部国際空港セントレアプレミアムラウンジセントレア
富士山静岡空港YOUR LOUNGE
成田空港 第1旅客ターミナルIASS EXECUTIVE LOUNGE 1
成田空港 第1旅客ターミナルビジネス&トラベルサポートセンター(TEIラウンジ)
成田空港 第2旅客ターミナルIASS EXECUTIVE LOUNGE 2
成田空港 第2旅客ターミナルTEIラウンジ
羽田空港 国内線ターミナル 第1旅客ターミナルPOWER LOUNGE SOUTH
羽田空港 国内線ターミナル 第1旅客ターミナルPOWER LOUNGE NORTH
羽田空港 国内線ターミナル 第1旅客ターミナルPOWER LOUNGE CENTRAL
羽田空港 国内線ターミナル 第2旅客ターミナルPOWER LOUNGE NORTH
羽田空港 国内線ターミナル 第2旅客ターミナルエアポートラウンジ(南)
羽田空港 国内線ターミナル 第2旅客ターミナルPOWER LOUNGE CENTRAL
羽田空港 国内線ターミナル 第3旅客ターミナルSky Lounge
関西国際空港六甲
関西国際空港アネックス六甲
関西国際空港金剛
伊丹空港ラウンジオーサカ
神戸空港ラウンジ神戸
岡山空港ラウンジマスカット
広島空港ビジネスラウンジ「もみじ」
米子鬼太郎空港ラウンジDAISEN
山口宇部空港ラウンジきらら
高松空港ラウンジ讃岐
松山空港ビジネスラウンジ
徳島阿波おどり空港ヴォルティス
福岡空港ラウンジTIME/ノース
福岡空港ラウンジTIME/サウス
福岡空港ラウンジTIMEインターナショナル
北九州空港ラウンジひまわり
大分空港ラウンジくにさき
長崎空港ビジネスラウンジ「アザレア」
阿蘇くまもと空港ラウンジ「ASO」
鹿児島空港スカイラウンジ菜の花
那覇空港ラウンジ華

主要なところはひと通り対応していますね。

ハワイの空港ラウンジも一部使えます

スカイトラベラーカードを持っていると、国内線の空港ラウンジだけでなく、一部国際線の空港ラウンジも使えます。

ハワイ/ダニエル・K・イノウエ国際空港 国際線ターミナルの「IASS HAWAII LOUNGE」が使えますよ。ラウンジの受付でスカイトラベラーカードと航空券を提示すれば入れます。

今のところ国際線で対象になっているのはこれだけで、韓国・香港・台湾・タイ・シンガポールなどの他に人気の国では使えるところがありません。

プライオリティ・パスは対応していません

スカイトラベラーカードには、プライオリティ・パスの付帯はありません。

年会費も税込11,000円と、アメックスのクレジットカードの中では安いほうというのもあって、さすがにプライオリティ・パスのサービスはないですね。

もし、プライオリティ・パスが欲しいのであれば、楽天プレミアムカードを別に作るなどしましょう。

ポイント・マイルサービスについて

スカイトラベラーカードで貯まるポイントは、カードご利用代金100円で1ポイントが貯まる「メンバーシップ・リワード」です。

ここまでは一般的な「アメリカン・エキスプレス・カード」と変わりありませんが、スカイトラベラーカードの特徴として、ポイントが3倍になるサービスがあります。

これは、対象となる航空会社の航空券と、対象となる旅行代理店の指定旅行商品を購入した場合に、ポイントが通常の3倍貯まるというもの。

貯めたポイントは、以下の提携会社のマイルに、1,000ポイント=1,000マイルで交換できます。

  • アリタリア・イタリア航空
  • ヴァージン アトランティック航空
  • ANA
  • エティハド航空
  • エミレーツ航空
  • キャセイパシフィック航空
  • シンガポール航空
  • スカンジナビア航空
  • タイ国際航空
  • チャイナエアライン
  • デルタ航空
  • フィンランド航空
  • ブリティッシュ・エアウェイズ

ポイントがマイルに交換できる航空会社がこんなにもある点も、スカイトラベラーカードの魅力のひとつですね。

トラベル関係のサービスについて

スカイトラベラーカードは、先に紹介したポイント3倍サービスやマイル交換以外にも、トラベル関係のサービスがかなり充実しています。

海外旅行の航空券やパッケージ・ツアーなどをカードで購入した場合、その航空便が遅延したことで臨時に出費した宿泊料金や食事代などを保証してくれたり、手荷物の到着遅延や紛失により出費した、衣類や生活必需品の購入費用を補償してくれる「航空便遅延費用補償」のサービス。

ほかにも、海外旅行の出発時に自宅から空港まで、帰国の際には空港から自宅まで、会員1人につきスーツケース1個を無料で配送してもらえる「手荷物無料宅配サービス」などがあります。