ANAアメリカン・エキスプレスカード

ANAアメリカン・エキスプレス・カード(以下:ANAアメックス)は、日本の航空会社であるANA(全日本空輸)とアメリカン・エキスプレス・カードとが提携して発行しているカードです。

文字通りANAマイルを貯めるのに使えるカードであるのはもちろん、アメックスならではの旅行系の特典が多くついているカードになります。年会費は7,700円です。

このページでは、ANAアメックスを空港ラウンジで使うときの話を中心に、お得な使い方を紹介していきますね。

ANAアメリカン・エキスプレスカード

ANAアメックスで空港ラウンジを無料にする使い方

ANAアメックスを持っていると、国内主要空港のラウンジが無料で使えます。

でもどうやって無料にするのか、具体的にイメージしづらいかもしれませんね。

空港ラウンジでは、入る前に必ず受付を通ることになります。
そのときにANAアメックスと航空券のチケットを提示すると、無料で入れますよ。

たったこれだけで空港ラウンジに入れます!

初めて空港ラウンジを使うときは緊張すると思いますが、受付はあっさりと終わりますので、やってみると拍子抜けしますよ。

同伴者も1名は無料にできる

家族やパートナーと空港ラウンジを使うときは、1人ではないと思います。
そのときに同伴者も一緒に入れるかどうかは気になるところ。

ANAアメックスの場合は、同伴者1人まで無料でラウンジに入れます。

安い年会費のゴールドカードだと同伴者分は有料になることが多いのですが、ANAアメックスだと無料になるのがありがたいですね。

これからのフライトに備えて2人でゆっくりとした時間が過ごせますよ。

ANAアメックスで入れる国内線のラウンジ

ここで、ANAアメックスを使って入場できる国内線の空港ラウンジを一覧にしておきました。

どこのラウンジが使えるかって気になりますよね。

空港名ラウンジ名
新千歳空港スーパーラウンジ
新千歳空港ノースラウンジ
函館空港国内線ビジネスラウンジ
青森空港エアポートラウンジ
秋田空港ラウンジロイヤルスカイ
仙台国際空港ビジネスラウンジ
新潟空港エアリズムラウンジ
富山空港らいちょう
小松空港スカイラウンジ白山
中部国際空港セントレアプレミアムラウンジセントレア
富士山静岡空港YOUR LOUNGE
成田空港 第1旅客ターミナルIASS EXECUTIVE LOUNGE 1
成田空港 第1旅客ターミナルビジネス&トラベルサポートセンター(TEIラウンジ)
成田空港 第2旅客ターミナルIASS EXECUTIVE LOUNGE 2
成田空港 第2旅客ターミナルTEIラウンジ
羽田空港 国内線ターミナル 第1旅客ターミナルPOWER LOUNGE SOUTH
羽田空港 国内線ターミナル 第1旅客ターミナルPOWER LOUNGE NORTH
羽田空港 国内線ターミナル 第1旅客ターミナルPOWER LOUNGE CENTRAL
羽田空港 国内線ターミナル 第2旅客ターミナルPOWER LOUNGE NORTH
羽田空港 国内線ターミナル 第2旅客ターミナルエアポートラウンジ(南)
羽田空港 国内線ターミナル 第2旅客ターミナルPOWER LOUNGE CENTRAL
羽田空港 国内線ターミナル 第3旅客ターミナルSky Lounge
関西国際空港六甲
関西国際空港アネックス六甲
関西国際空港金剛
伊丹空港ラウンジオーサカ
神戸空港ラウンジ神戸
岡山空港ラウンジマスカット
広島空港ビジネスラウンジ「もみじ」
米子鬼太郎空港ラウンジDAISEN
山口宇部空港ラウンジきらら
高松空港ラウンジ讃岐
松山空港ビジネスラウンジ
徳島阿波おどり空港ヴォルティス
福岡空港ラウンジTIME/ノース
福岡空港ラウンジTIME/サウス
福岡空港ラウンジTIMEインターナショナル
北九州空港ラウンジひまわり
大分空港ラウンジくにさき
長崎空港ビジネスラウンジ「アザレア」
阿蘇くまもと空港ラウンジ「ASO」
鹿児島空港スカイラウンジ菜の花
那覇空港ラウンジ華

主要なところはひと通り対応していますね。

ハワイの空港ラウンジも一部使えます

ANAアメックスを持っていると、国内線の空港ラウンジだけでなく、一部国際線の空港ラウンジも使えます。

ハワイ/ダニエル・K・イノウエ国際空港 国際線ターミナルの「IASS HAWAII LOUNGE」が使えますよ。ラウンジの受付でANAアメックスと航空券を提示すれば入れます。

今のところ国際線で対象になっているのはこれだけで、韓国・香港・台湾・タイ・シンガポールなどの他に人気の国では使えるところがありません。

プライオリティ・パスについて

プライオリティ・パス2021年分

ANAアメックスでは、海外の空港ラウンジが使いやすくなるプライオリティ・パスの特典がありません。

もし、プライオリティ・パスを取得したいのであれば、楽天プレミアムカードセゾンプラチナ・ビジネス・アメックスを使うのがおすすめです。

ANAラウンジは使えません

ANAが就航している空港だと、ANAラウンジがある場合もあります。

ANAアメックスを持っていると、ANAラウンジが使えるかどうか気になるかと思いますが、残念ながらANAアメックスを提示してもANAラウンジは使えません。

スーパーフライヤーズカードと呼ばれるANAの上級会員になっていればANAラウンジは使えますが、ANAアメックスだけではANAラウンジに入れないので、これまでに紹介してきた一般の空港ラウンジを利用しましょう。

ポイント・マイルサービスについて

ANAアメックスを使うと、税込100円ごとに1ポイント貯まります。

ANAの航空券をANAアメックスで支払うと、通常のフライトマイルに加えて、10%のボーナスマイルがもらえるほか、毎年のカード継続で1,000マイルのボーナスがもらえますよ。

さらには、ANAグループでのカード利用でポイントが通常の1.5倍になり、ANAカードマイルプラス提携店でカードを利用すると、さらに100円=1マイルが自動換算されます。

ポイント移行コースで年会費がかかるのに注意

貯めたポイントはANAマイルに交換できるのですが、別途年間6,600円かかる「ポイント移行コース」に加入しないといけません。

年会費がさらにプラスになるのがデメリットのため、数年に1回まとめてポイント交換するのがいいですよ。ポイント交換しない年はポイント移行コースを解約しておくと、余計な年会費を払わずに済みます。